スポンサードリンク

2040年12月03日

糖尿病の原因

糖尿病は、日本人が抱える病気の中でもかなり多いものとして有名です。

具体的に「糖尿病の原因」についてお話してみると、
食べ過ぎ」「運動不足」「太りすぎ」が主なものとなっています。

また、「遺伝性」も指摘されており、親が糖尿病である場合は子供もそうなりやすいというデータもあります。

実際に、糖尿病の遺伝子も見つかっているという報告もあります。
しかしながら、やはり一番の要因は「環境要因である」という事に間違いはないでしょう。

糖尿病は、酷くなれば「合併症」などの問題を引き起こし、
目が見えなくなったり足を切断したりしなければならなくなる可能性も出てきます。

そうならないためにも、まずは予防が必要なのです。


しかし、それでも糖尿病になってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。
糖尿病は、発覚した時からきちんと治療をしていけば、コントロールする事が可能な病気です。

もちろん完全に治療する事はできませんが、巧く糖尿病治療をすれば生涯悪化させないまま付き合っていくことも可能です。




【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)


糖尿病治療は、医師の言うとおりに薬などの服用を行っていくこと、
運動や食事についても病気のことを踏まえて考えていくことが必要となります。

糖尿病は悪化するまで気づかない人もおり、それが発覚しても「どうせ大丈夫だから」と言ってきちんと治療をしない人も多いです。

その結果、更に健康を害してしまう事も多いのです。まずは気づいた時点でしっかり自分と向き合い、糖尿病治療をしていくこと。

それが大切です。



>TOPへ戻る


posted by kui at 02:38| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2040年12月02日

糖尿病治療の方法

糖尿病治療の方法

糖尿病治療の方法には、大きく分けて三つの種類があるのをご存知でしょうか。

一つ目は「食事療法」、二つ目は「運動療法」、そして三つ目が「薬物療法」です。

食事療法と言うのは、摂取するカロリーなどを計算に入れた上で
「健康に良い食事をすること」です。

まずは一日に摂取可能なカロリーを医師に聞き、
そのカロリーをオーバーしない様な食事を心がけます。

難しい事かもしれませんが、糖尿病治療の場合は
「毎日同じカロリー摂取を心がける」事が大切ですので、
カロリー計算は非常に大切な事です。

そのカロリーの範囲で食事を作ることを心がければ、
糖尿病の悪化を防ぐ事が可能です。


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)


また、糖尿病治療のためには「運動療法」も必要です。運動療法のポイントも、基本的には食事療法と一緒です。
毎日決められた時間を運動すること。

その時間が取れない場合は、椅子に座った状態で手足の運動をするだけでも効果があります。

しかしながら、糖尿病の合併症などがある場合は運動も制限されますので、
医師の指示を聞きながら正しい運動を心がけましょう。


そして三つ目の「薬物療法」ですが、「薬を飲む」「インスリンを投与する」の二つの方法があります。薬を飲む場合、効果は「体内でインスリンの働きが良くなる」という可能性があるもので、これにより糖尿病の合併症を防ぐ事が可能です。

これらの薬についても、人によって「どんな薬が有効か」は異なりますので、医師と相談の上服用をする必要があります。


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
>TOPへ戻る




posted by kui at 02:53| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2040年12月01日

糖尿病治療と健康

糖尿病治療健康

糖尿病になってしまった事を知ると、人は酷く落胆します。
糖尿病は生活習慣の改善などで「症状の進行を抑える」事は可能ですが、
完治させる方法は今のところ確立されていません。


「この病気と一生付き合っていかなければならないのか」という落胆が、
人の気持ちを沈ませてしまうのです。


しかし、糖尿病になってしまったから「それから先の人生は不幸なのか」
というとそうでもないのです。あの華道家の假屋崎省吾さんも糖尿病を患っていますが、
彼は「糖尿病になった事で、健康に前向きに取り組むことができる様になった」と雑誌の取材に答えています。





糖尿病治療は自分と向き合い、それまでの生活習慣を改めることから始まります。

それは生活の中の余計な部分を削る事にもつながりますので、
結果的に「糖尿病治療のおかげで、生活習慣を改善する事ができた」「前よりも身体の調子が良くなった」という人も多いのです。

「糖尿病治療のために始めた運動で、スポーツの楽しさを知った」という人もいるくらいです。

糖尿病になってしまい糖尿病治療が必要になってしまった場合でも、
悲観することはないのです。

きちんと治療に取などを引き起こさず、健康な生活を続ける事も可能なのです。

糖尿病になってしまった場合は、現状を悲観しすぎず前向きに糖尿病治療に励んでみて下さい。

糖尿病と上手く付き合いながら、人生を楽しんでいる人はとてもたくさんいるのです。そこから豊かな人生のヒントが見つかる可能性もあるのです。





>TOPへ戻る


posted by kui at 02:53| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。